メニュー閉じる

2020.07.01

PMAneoの開発と臨床応用

  1. DICOM
  2. PMAneo
  3. 灌流画像
  4. 画像解析システム(ソフト)
  5. 脳梗塞
カテゴリ
臨床論文
著者
工藤與亮(北海道大学大学院医学研究院 画像診断学教室)

 

はじめに

近年、急性期脳梗塞における血管内治療(機械的血栓回収療法)の発展が目覚ましく、多施設共同研究(DAWN1)、DEFUSE32))では治療適応判定にCT灌流画像(CT perfusion)やMR灌流画像(MR perfusion)を用いることで、それぞれ発症6~24時間、6~16時間での血管内治療による患者予後向上が示された。

それを受けて、2018年の米国心臓協会および米国脳卒中協会(AHA/ASA)による脳梗塞急性期管理ガイドラインにおいて、発症6~24時間の急性期梗塞ではCTA+CTPあるいはMRA+DWI(+MRP)が血管内治療(機械的血栓回収療法)の患者選択に有用であるとされた3)

本邦における「経皮経管的脳血栓回収機器 適正使用指針(第三版)」においても発症24時間以内の患者に対して、CTPでの虚血コア判定、そしてCTPあるいはMRPでの灌流異常域の評価が明記された。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたって対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。