メニュー閉じる

2020.11.01

骨シンチグラフィによる骨転移評価の役割と意義

  1. BONENAVI
  2. BSI(Bone Scan Index)
  3. 画像解析システム(ソフト)
  4. 骨シンチグラフィ
  5. 骨転移
カテゴリ
臨床論文
著者
菊池明泰(北海道科学大学 保健医療学部 診療放射線学科)

 

はじめに

骨シンチグラフィは、悪性腫瘍における骨転移の全身評価において非常に有用な検査法である。

骨転移は男性では前立腺癌、女性では乳癌が多く、この2つの疾患で年間40万件の骨転移検査のうちの 約6 割を占めており、骨シンチグラフィは全身骨のスクリーニングにおいて重要な役割を担っている1)

一方で、骨シンチグラフィ骨転移の画像診断は従来、読影者の視覚的評価が主体であり客観性に欠ける部分が多く見られた2)

その理由はいくつかあるが、表示濃度の違い、定量的な指標がなかったことなどが要因として挙げられる。

また、炎症性病変などにも放射性医薬品の高集積があるなど、悪性腫瘍とその他集積の判別が難しいこともあり、読影者の経験による診断能の違いも客観性を担保することが難しい要因として挙げられていた。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたって対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。