メニュー閉じる

2020.10.01

高精度放射線治療のさらなる進化を目指して

  1. Synchrony®オプション
  2. サイバーナイフ
  3. マーカレス治療
  4. ラディザクト
  5. 動体追尾
カテゴリ
技術論文
著者
簗瀬牧子/門間智之(アキュレイ株式会社 マーケティング部)

呼吸性移動対策技術『Synchrony® オプション』について

Synchrony®はサイバーナイフ®システム(アキュレイ株式会社)の動体追尾機構として開発された。

照射中、並行して取得したkV-X線画像および体表LED信号より自由呼吸下での標的移動モデルを構築し、治療中の標的の動きに追随して照射ビーム位置を補正する。本機構を用いることで、より小さいPTVマージン設定を行うことが可能である。

今回、あらたにラディザクトシステム(アキュレイ株式会社)に実装されたSynchrony ® オプション(以下、Synchrony)について、機構、動体追尾プロセス、および臨床的知見を紹介する。

1)Synchrony機構

SynchronyではkV-X線画像から読み取った標的腫瘍またはFiducialマーカの位置情報とLED信号から算出された呼吸位相情報とを用いて治療中の腫瘍位置を予測する。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたって対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。