メニュー閉じる

2020.02.01

GCA-9300 Rだからこそ、ここまで求めたい脳SPECT画像

  1. GCA-9300R
  2. IBUR法
  3. PET/SPECT
  4. 核医学検査
カテゴリ
セミナーレポート
セミナー
第3回 GCA-9300 R ユーザーズセミナー
開催日・場所
2019年11月1日、松山市総合コミュニティセンター
座長・演者
水村 直(東邦大学医療センター大森病院)

GCA-9300R収集のアドバンテージ

三検出器型ガンマカメラGCA-9300Rは優れたSPECT装置であり、高いスペックを有する機器である。さらに、本装置を用いていかに読影者の要望に応じた画像を作成するか検討することは装置の有用性をより生かすことに通じる。

こうした画像作成にあたって読影者の望まれた画像を求めるために画像収集、再構成する技術者との意思伝達が重要であり、そうした読影者、画像作成者の共同作業によって理想的な検査結果が得られるものと考えられる。

一般に、SPECT画像収集・作成にあたっては分解能と感度はtrade-offの関係にあり、いたずらに高分解能画像を求めると、データ量が少なくなるために均一性が低下して画像の信頼性(SPECT所見の確からしさ)が損なわれることが知られており、両者のバランスをとることが必要とされている。撮像時間が一定であれば撮影する方向(プロジェ

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。