メニュー閉じる

2020.02.01

GCA-9300 Rの技術的検討と今後の展開

  1. GCA-9300R
  2. IBUR法
  3. PET/SPECT
  4. 核医学検査
カテゴリ
セミナーレポート
セミナー
第3回 GCA-9300 R ユーザーズセミナー
開催日・場所
2019年11月1日、松山市総合コミュニティセンター
座長
水村 直(東邦大学医療センター大森病院)
演者
山永隆史(大阪市立大学医学部附属病院)

 

左:[演者] 山永隆史(大阪市立大学医学部附属病院) 右:[座長] 水村 直(東邦大学医療センター大森病院)

左:[演者] 山永隆史(大阪市立大学医学部附属病院)
右:[座長] 水村 直(東邦大学医療センター大森病院)

 

当施設では1993年5月~2019年3月までの約26年間、GCA-9300Aを使用し、2019年4月よりGCA-9300Rへと更新、稼働して約7カ月になる。本日は、GCA-9300Rで採用した新しい脳血流定量法「IBUR法」、心筋減弱補正「SSPAC法」、その他心筋SPECTのSUVの評価を紹介する。

 

IBUR法(Improved Brain Uptake Ratio)

Dynamic収集を大動脈弓の範囲で2分間行う。上行大動脈に自動的にROI(resion of interest)が設定され、時間放射能曲線(TAC:Time Ac-tivity Curve)を作成、その面積(AUC:Area Under Curve)を算出する。

SPECTでは大脳基底核を含むスライスの脳実質にROIを囲み、カウント を 計 測。AUC、CCF(Cross Calibration Factor)により、脳血流量に関するBUR値を算出する。

15 O水PETを用いた回帰式に同値を代入し、平均脳血流量(mCBF)を算出する流れとなる。Patlakplot法との違いは下記の通りである。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。