メニュー閉じる

2019.10.01

Elekta Unityの最新動向

  1. Elekta Unity
  2. MRI
  3. リニアック
  4. 悪性腫瘍
  5. 放射線治療
カテゴリ
技術論文
著者

依田 潔(エレクタ株式会社)

はじめに

オランダのユトレヒト大学医療センターのラーヘンダイク教授は、MRIリニアックを1999年に着想し、2000年のESTROで発表した 1)

開発当初からエレクタ社とフィリップス社が参画し、試作を繰り返しながら、現在に至るまで研究開発が進められてきた。2014年には、1.5 T超電導磁石と7 MVリニアックが一体化された臨床使用可能な装置が欧州と北米の7施設に研究装置として販売され、さまざまな研究成果を生み、多くの論文が出版された 2)

昨年、欧州と米国で薬事承認後、本年には日本に続き、カナダでも承認され、Elekta Unityという製品名で販売開始された。基本構造、磁場が線量に与える影響については、すでに解説した  3)

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。