メニュー閉じる

2020.05.15

超音波診断装置の最新技術

  1. ARIETTA
  2. LISENDO
  3. 超音波診断装置
カテゴリ
技術論文
著者
岡崎英樹/井上真也/藤原圭祐/川本幸一郎/山田哲也(株式会社日立製作所 第一製品開発本部)

はじめに

プレミアムクラスの超音波診断装置として発売されたARIETTA 850 *1 およびLISENDO 880 *2は、最新技術による高画質化(Pure Image)、検査者の負担軽減を目指したワークフロー改善(Seamless Workfl ow)、日立独自の特徴的なアプリケーション(Your Application)を製品コンセプトとしている。

本稿では高画質化、特徴的なアプリケーションを実現するために採用されている最新技術を紹介する。

 

高画質化

1)Bモードの新技術

eFocusingによる高画質化

従来の送信ビームフォーミングでは、方位分解能はフォーカス点に近い深度ではビーム

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたって対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。