メニュー閉じる

2020.07.01

頭部領域におけるCTでの最新画像診断について

  1. Dual energy
  2. Revolution
  3. ディープラーニング
  4. 脳卒中
  5. 頭部CT
カテゴリ
技術論文
著者
Hao Zhong(GEヘルスケア・ジャパン株式会社 CT営業推進部)

はじめに

頭部領域の画像診断において、CTは非常に重要な役割を果たしている。1970年代に頭部専用としてCTが開発されて以降、スリップリングの搭載や、気体検出器から個体検出器への改良、またマルチスライスCTやデュアルエナジー、Deep Learningを使った画像再構成法など、頭部領域への適応の拡大や精度の向上が行われてきた。

GE HealthcareのフラグシップモデルであるRevolution CTは、心臓だけではなく頭部領域へ適応を広げた新しいワイドカバレッジCTとして2014年にリリースされた。

その後2017年にGE社のデュアルエナジー技術であるGSI(Gemstone Spectral Imaging)を搭載し、頭頸部領域においても従来のCT値のみでなく、密度値や仮想単純画像を作成することによって新たな臨床的アウトプットを提供することが可能となった。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたって対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。