メニュー閉じる

2020.06.01

VR遠隔医療の可能性~地域医療におけるオンライン診療について~

  1. VR
  2. オンライン診療
  3. 地域医療
カテゴリ
技術論文
著者
青山勝治*1/須田万勢*2*1株式会社VR Japan ソリューションチーム/*2組合立諏訪中央病院)

はじめに

株式会社クリーク・アンド・リバー社グループの株式会社 VR Japanは、先駆的低遅延 VRリアルタイム配信システム(図1)を開発した。

このシステムは、360度ライブ映像の低遅延配信により双方向アノテーションを可能にし、当該映像を表示・視聴・操作するためのVR専用ビューアを用いることでインタラクティブなコミュニケーション(以下 本ソリューション)を実現した。

現 在、このシステムを用いて 株 式 会 社 VRJapan、コニカミノルタジャパン株式会社、株式会社 NTTドコモは、第5世代移動通信方式を活用した医療教育と医療現場のソリューションの開発に向け共同実証実験を実施することに合意し、2019年12月に行われた「ドコモ5GオープンラボYotsuya」での360°VRリアルタイム配信共同実証実験にて、1秒以下という低遅延での映像配信を実現した。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたって対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。