メニュー閉じる

2020.05.01

肝臓領域におけるSMI・ATI・SWE・SWDの有用性-診断価値を高める新しい技術-

  1. Aplio
  2. SMI(Superb Micro-vascular Imaging)
  3. 消化器内科
  4. 超音波診断装置
カテゴリ
臨床論文
著者
鈴木智彦(東京都保健医療公社 大久保病院 消化器内科)

はじめに

腹部超音波検査はさまざまな画像検査がある中で侵襲性が低く、簡便であるため、現在では日常診療に幅広く行われている。

この検査の価値を高めるものとして、SMI(Superb Micro-vascular Imaging)、ATI(Attenuation Imaging)、SWE(Shear Wave Elastography)、SWD(Shear Wave Dispersion)という新しい技術が注目されている。

SMIは従来のカラードプラ法では描出が困難であった微細血流の表示を可能にし、ATI、SWE、SWDは従来定量化ができなかった脂肪量、弾性、粘性を定量化することを可能にした。

これらの技術には特別な手技は不要で、腹部超音波検査を習得している者であれば誰でも通常の手技で気軽に検査をすることが可能であり、より客観的な評価が行えるようになった。

今回は、これらの新しい技術が搭載されたキャノンメディカルシステムズ社 Aplio i800

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。