メニュー閉じる

2020.10.21

「道なき道」を楽しむ時代へ

  1. AI(人工知能)
  2. COVID-19(新型コロナウイルス感染症)
  3. Mobile CT
  4. ディープラーニング
宇都宮大輔 教授
横浜市立大学大学院医学研究科 放射線診断学

はじめに

元号は令和となり、文字通り新しい時代に入ったと言えるでしょう。

2017年に囲碁AI(人工知能)のAlphaGo(アルファ碁)が人類最高の知能とも言われる囲碁棋士を凌駕したことが大きなニュースとなり、AIの台頭が高々と宣言されたと言えそうです。

AI、ディープラーニングは画像との相性が良いため放射線科の仕事は奪われてしまうのではないか、といった話題はまことしやかに流布され、実際に放射線科医を目指そうとする研修医の先生が一時的に減ったようです。

そして、2019年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、放射線科に限らず、社会全体が「新しい日常(ニューノーマル)」に向かって変化しています。

われわれはこれまでも年々新しくなっていく放射線医学のなかで、その流れを捉えつつ放射線医学の発展に関わってきました。しかし、それは「レールの上に乗った発展」だったかもしれません。

そして、「大きくうねる波のなかで活路を見出すような発展」を目指していくべき変革期が今なのではないかと感じています。

「大変な時代になった」と現状維持を目標になんとかやり過ごすか、逆に積極的に取り組んでいくかは10年後の放射線医学の立ち位置に大きな影響を与えるでしょう。

この「明日への提言」という特集のなかで放射線医学の進む方向性について私見を述べさせてもらいます。しかし、難しい未来の予測は私には到底できませんので、あくまで一放射線科医師の雑感として気軽に読んでいただければ幸いです。

横浜市立大学附属病院
後述のCT搭載車(Mobile CT)が正面入り口の近くに駐車している。

 

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたって対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。