メニュー閉じる

2020.10.26

手根管症候群の典型的な超音波所見

  1. Aplio
  2. DICOMデータ有り
  3. SMI
  4. 手根管症候群
  5. 超音波診断装置

ご紹介頂く先生

岩井 孝仁 先生
北海道大学病院 検査・輸血部/超音波センター
西田 睦 先生
北海道大学病院 検査・輸血部/超音波センター
松井 雄一郎 先生
北海道大学 大学院医学研究院 整形外科学教室

患者情報

年齢・性別
60歳代女性
診断名
手根管症候群
現病歴
関節リウマチで通院中、徐々に両側手指に痺れ出現したため手根管症候群(carpal tunnel syndrome; CTS)を疑い精査目的に超音波検査(US)を施行した。

医療機器情報

超音波
超音波診断装置 Aplio i800 (キヤノンメディカルシステムズ株式会社)
使用プローブ
PLI-2004BX(i24LX8)
画像表示モード
Bモード、Color Doppler Image(CDI)、Power Doppler Image(PDI)、Superb Microvascular Imaging(SMI)はいずれもdifferential Tissue harmonic imaging(diff T)21MHz

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。