メニュー閉じる

2020.10.26

Attenuation Imagingと肝病理組織学的な脂肪化率が乖離した1例

  1. Aplio
  2. AttenuationImaging(ATI)
  3. NAFLD
  4. 超音波診断装置

ご紹介頂く先生

和久井 紀貴 先生
東邦大学医療センター大森病院 消化器内科

患者情報

年齢・性別
20歳代男性
診断結果
NAFLD(高度脂肪肝)
現病歴
既往歴はなし。健康診断にて肝障害を指摘され紹介となった。
身長・体重
身長163㎝、体重77Kg、BMI 29

医療機器情報

超音波
超音波診断装置 Aplio i800 (キヤノンメディカルシステムズ株式会社)

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。