メニュー閉じる

2020.10.26

4D flow MRIで可視化した動脈管開存症の一例

  1. 4D flow MRI
  2. Achieva
  3. Aquilion
  4. CT
  5. iTflow
  6. MRI
  7. 動脈管開存症

ご紹介頂く先生

常田 慧徳 先生
北海道大学病院 放射線診断科
真鍋 徳子 先生
自治医科大学附属さいたま医療センター 放射線科

患者情報

年代・性別
60歳代女性
診断結果
動脈管開存症
現病歴
主訴は労作時息切れ。幼少時より心雑音の指摘があったが放置していた。半年ほど前から労作時息切れの自覚があり、精査加療目的に当院循環器内科へ紹介受診となった。
既往歴
高血圧、慢性心房細動。

医療機器情報

CT
Aquilion ONE ViSION edition (キヤノンメディカルシステムズ株式会社)
MRI
超電導磁気共鳴画像診断装置 Achieva 1.5T A-series (株式会社フィリップス・ジャパン)
4D flow解析
iTflow (Cardio Flow Design)

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたって対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。