メニュー閉じる

2020.12.14

発症時間不明な脳卒中を特定するCT新手法:DWI‐FLAIRミスマッチを上回る精度?

  1. CT
  2. DWI-FLAIRミスマッチ
  3. MRI
  4. 発症時間不明脳卒中

背景

発症時間が不明な脳卒中患者では、MRIによる拡散強調画像(DWI)とFLAIR像のミスマッチに基づいて超急性期か否かを判断することができるが、CTによってこれを判断する新手法が提案された。ドイツUniversity Medical Center Hamburg‐EppendorfのBroocksらは、確定発症時刻から0.5-8時間の前方循環系脳卒中患者(n=50)において、CTベースのNet Water Uptake(NWU)による定量的評価が発症4.5時間以内の病変を特定することができるか、MRIとの比較のもと検証した。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。