メニュー閉じる

2020.04.27

ステージIII非小細胞肺がんでの予防的全脳照射、長期QOLは悪化せず:NVALT-11/DLCRG-02試験から

  1. QOL
  2. 予防的全脳照射(PCI)
  3. 放射線治療
  4. 脳転移
  5. 非小細胞肺がん

背景

NVALT-11/DLCRG-02試験は、ステージIIIの非小細胞肺がん患者(n=175)での化学放射線療法後に、経過観察または予防的全脳照射(PCI)を割り付ける第3相ランダム化比較試験であり、PCI群で脳転移が減少することを示したが、軽度の毒性と短期QOLの悪化もみられた。オランダMaastricht University のWitloxらは、同試験における治療終了後4週、3ヵ月、6ヵ月、12ヵ月、24ヵ月、36ヵ月後のQOLを評価、加えて神経認知症状と症候性脳転移がQOLに与える影響を評価した。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。