メニュー閉じる

2020.11.13

胸部皮下腫瘤:炎症性粉瘤

  1. SONON
  2. 粉瘤
  3. 超音波診断装置

ご紹介頂く先生

寺田 伸一 先生
医療法人社団茉悠乃会 船橋ゆーかりクリニック 形成外科

患者情報

年齢・性別
54歳、男性
診断結果
右乳輪部炎症性粉瘤(表皮嚢腫)
現病歴
主訴は右胸部皮下腫瘍で、他院でマンモグラフィー後、生検を受け、悪性腫瘍は否定されていた。発赤、腫脹、痛みを伴ったため、来院した。
既往歴
なし

医療機器情報

超音波
SONON300L(Healcerion社)

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたって対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。