メニュー閉じる

2020.10.26

骨シンチグラフィで認めた薬剤関連顎骨壊死(MRONJ)の一例

  1. PET/SPECT
  2. Symbia
  3. 薬剤関連顎骨壊死(MRONJ)
  4. 骨シンチグラフィ

ご紹介頂く先生

渡辺 悟 先生
金沢大学大学院 先進予防医学研究科 機能画像人工知能学
中嶋 憲一 先生
金沢大学大学院 先進予防医学研究科 機能画像人工知能学

患者情報

年代・性別
50歳代男性
診断結果
薬剤関連顎骨壊死(medication-related osteonecrosis of the jaw: MRONJ)
現病歴
骨転移の経過観察。前立腺癌の多発骨転移の経過観察目的で定期的に骨シンチグラフィを実施してきた。また、X-6年から骨吸収抑制薬を投与してきた。

医療機器情報

PET・SPECT
SPECT・CT装置 Symbia T Series (シーメンスヘルスケア株式会社)

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたって対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。