メニュー閉じる

2020.12.25

3D超音波により血流量を定量的に評価する

  1. 3Dエコー
  2. 血流量

背景

血流量の評価は臨床的に非常に重要だが、非侵襲的かつ安価な測定は困難であり、カラードプラ法などによる評価は定性的なものが多い。University of MichiganのKripfgansらは、3つの実験室で異なる臨床用エコースキャナーを用いて、フローファントムの血流量を定量的に評価した。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。