メニュー閉じる

2020.12.25

小児期の鉛暴露が中年期の脳構造に与える影響は?:MRI研究

  1. MRI

背景

有鉛ガソリンなどによる小児期の鉛暴露は、認知・運動能力を損なうことが示されているが、後の神経変性との直接的な関連は明確にされていない。Duke UniversityのReubenらは、1972年4月から1973年3月に出生した1,037名が登録されたニュージーランドのDunedin Studyにおいて、11歳時の血中鉛濃度と45歳時MRIによる脳構造との関連を評価した。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。