メニュー閉じる

2020.12.25

膝X線画像から変形性関節症や人工膝関節を予測するAIを開発

  1. X線(撮影)
  2. ディープラーニング
  3. 人工膝関節置換術(TKR)
  4. 変形性膝関節症(OA)

背景

変形性膝関節症(OA)は最も一般的な関節症で、重度の場合は人工膝関節置換術(TKR)が行われることになるが、そのリスクを人工知能で予測することは可能か。New York UniversityのLeungらは、OA Initiativeのデータを用いて、膝X線画像から9年以内のTKRおよびKellgren-Lawrence分類のグレードを予測するディープラーニング予測モデルを開発し、TKR患者と対照患者の膝X線画像(各324名)においてこれを評価した。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。