メニュー閉じる

2020.12.14

家族性リスクのある女性におけるMRI乳がん検診の費用対効果

  1. MRI
  2. 乳がん検診
  3. 家族性乳がん

背景

家族性の乳がんリスクが20%を超えるが、BRCA1/2やTP53変異を持たない女性における検診に関しては、ガイドラインの対応はさまざまである。オランダErasmus University Medical CenterのGeuzingeらは、生涯乳がんリスク20%以上でBRCA1/2・TP53遺伝子変異のない30~55歳の女性でマンモグラフィ検診とMRI検診を比較したFaMRIsc試験のデータを用いて、25歳からの各種乳がん検診プロトコルの生涯費用・有効性をマイクロシミュレーションモデリングにより推定した。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。