メニュー閉じる

2020.12.14

アルツハイマー病患者の脳では鉄の蓄積がみられる

  1. MRI
  2. R2*mapping
  3. アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)

背景

鉄は正常な脳機能の維持に不可欠な元素であるが、一方でアルツハイマー病を含む多くの神経変性疾患において、鉄の異常蓄積が報告されている。オーストリアMedical University of GrazのDamulinaらは、アルツハイマー病の参加者と年齢をマッチングさせた健康対照者各100名において、R2*mappingを含む3T MRIを実施し、脳内鉄レベルとその変化を調査した。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。