メニュー閉じる

2020.11.13

早期腎細胞がんでの凍結療法、長期生存率は部分切除・根治切除を上回る

  1. 経皮的凍結療法
  2. 腎細胞がん

背景

経皮的凍結療法は、小径の早期腎細胞がんに対する低侵襲の治療オプションであるが、標準的な腎部分切除と比較して再発・死亡のリスクはどうか。Johns Hopkins UniversityのMorkosらは、前向観察研究のステージI腎細胞がん患者(n=134)において、経皮的凍結療法の生存率を算出し、マッチングされた腎部分切除術・根治的切除術を受けたNCDBコホート患者と比較した。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたって対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。