メニュー閉じる

2020.11.13

X線陰性の大腿骨近位部骨折疑い患者での限定的MRIプロトコルは高速・高感度:システマティックレビュー・メタアナリシス

  1. MRI
  2. 大腿骨近位部骨折

背景

大腿骨近位部骨折では初期の単純X線では診断が困難なケースがあり、骨折の疑いがなお高い場合、CTとMRIの2つの選択肢がある。カナダUniversity of AlbertaのWilsonらは、システマティックレビューにより、X線陰性の大腿骨近位部骨折を検出するための限定的MRIプロトコルの精度を、マルチパラメトリックMRIを参照標準として検証した研究を特定し、メタアナリシスを実施した。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたって対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。