メニュー閉じる

2020.09.28

非造影CT画像から大血管閉塞を特定するアルゴリズムを検証

  1. CTアンギオグラフィ(CTA)
  2. ディープラーニング
  3. 大血管閉塞(LVO)
  4. 脳卒中
  5. 読影

背景

大血管閉塞(LVO)による急性虚血性脳卒中では迅速なLVO同定が重要となるが、CT血管造影(CTA)は普遍的に利用可能なわけではない。スペインUniversitat Autònoma de BarcelonaのOlive-Gadeaらは、非造影CTとCTAを受けた急性脳卒中疑い患者(n=1,453)において、非造影CTでのLVO検出ソフトウェア(MethinksLVO)性能を熟練放射線科医によるCTA読影結果と比較した。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。