メニュー閉じる

2020.09.28

40歳からのマンモ検診は乳がん死を減らす:UK Age試験の23年結果

  1. マンモグラフィ
  2. 乳がん

背景

UK Age試験は、39-41歳の女性(n=160,921)を、48歳まで毎年マンモグラフィ検診または50歳まで検診なしに1:2で割り付けるランダム化比較試験であり、公表された17年結果はマンモグラフィ検診により乳がん死亡が減少することを示した。Queen Mary University of LondonのDuffyらは、同試験における23年結果を報告した。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたって対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。