メニュー閉じる

2020.08.27

前立腺がん放射線治療はどの程度遅れてもよいか?:コロナ下のがん治療

  1. COVID-19(新型コロナウイルス感染症)
  2. アンドロゲン遮断療法(ADT)
  3. 前立腺がん
  4. 放射線治療

背景

コロナウイルス感染症COVID-19の流行は、継続的な通院・入院が必要ながん治療にも大きな影響をもたらしている。Dana-Farber Cancer InstituteのDeeらは、National Cancer Databaseを用いて、NCCN基準でunfavorable中間リスクから超高リスクの前立腺がん患者のうち、外照射放射線治療とアンドロゲン遮断療法(ADT)を受けた患者を同定し、ADTから放射線治療開始までの期間と全生存期間の関連を調査した(n=63,858)。

この記事は会員限定記事です。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

  • 会員の方はこちら

  • 会員ではない方はこちら

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。