メニュー閉じる

2020.12.25

NECと聖隷浜松病院、周産期病棟における入室管理に顔認証を活用

  1. その他システム
その他日本電気株式会社(NEC)

日本電気株式会社(以下 NEC)は、社会福祉法人聖隷福祉事業団総合病院聖隷浜松病院(以下 聖隷浜松病院)に顔認証を活用した入出管理システムを提供した。聖隷浜松病院は、総合周産期母子医療センター※1を対象に2021年1月から本システムの運用を開始する。

聖隷浜松病院は、静岡県西部地区の総合周産期母子医療センターに指定されており、母体・胎児集中治療室(MFICU・15床)や新生児集中治療室(NICU・21床)、新生児回復室(GCU・20床)を有する。

聖隷浜松病院では、新生児の連れ去りを防止するため、従来は患者や家族にICカードを配付し入室管理をしていた。

しかし、ICカードの不正入手や回収漏れ等による紛失が懸念されるほか、患者側はICカードの管理負担が生じること、病院側はICカードの登録作業が煩雑なことが課題とされていた。

また、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、感染管理の視点からも衛生的な仕組みが求められている。

顔情報を登録する様子             顔認証による入室の様子

NECと聖隷浜松病院は、これらの課題を解決するため、NECの生体認証「Bio-IDiom」※2の中核技術であり、世界No.1の認証精度※3を有する顔認証技術を活用し、安全で利便性が高く、衛生的な入室管理を実現する。

患者や家族は、事前に顔情報を登録することで、病棟やNICU、GCUに入ることが可能となる。登録した本人以外は入ることができないため、ICカードの不正入手によるなりすましや新生児の連れ去りを防止できる。また、ICカードの紛失リスクや管理負担を軽減しつつ、スムーズに入室することができる。

なお、本システムは、顔情報の使用に同意し登録した患者および家族のみが利用でき、同意を得ていない患者や家族の顔情報保持、および顔の照合を行うことはない。

本システムは、NECの電子カルテシステムMegaOakシリーズ※4との連携が可能である。

電子カルテシステムの患者情報に入室可能なご家族の顔情報を登録することで、家族が入室できる病棟の自動設定や、電子カルテシステムに入力された入退日情報から入室できる期間の自動設定ができる。

これにより、入室権限変更の漏れやタイムラグをなくし、より安全・安心な入室管理を実現する。

※1 母体または児におけるリスクの高い妊娠に対する医療及び高度な新生児医療等の周産期医療を行うことができる医療施設。都道府県が指定する。
※2 「Bio-IDiom(バイオイディオム)」は、顔、虹彩、指紋・掌紋、指静脈、声、耳音響など、NECの生体認証の総称。世界トップクラスの技術や豊富な実績を活かし、ニーズに合わせて生体認証を使い分け、あるいは組み合わせることで、「誰もが安心してデジタルを活用できる世界」を実現していく。
NECの生体認証:https://jpn.nec.com/biometrics/index.html
※3 米国国立標準技術研究所(NIST)による顔認証技術の性能評価で5回目の第1位を獲得:https://jpn.nec.com/press/201910/20191003_01.html
※4 https://jpn.nec.com/medical_healthcare/index.html

関連先リンク:https://jpn.nec.com/
TEL:053-474-2239(聖隷浜松病院情報システム室)
E-mail:press@med.jp.nec.com(NEC 医療ソリューション事業部)
    hm-joho2@sis.seirei.or.jp(聖隷浜松病院情報システム室)

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。