メニュー閉じる

2020.05.25

キヤノンメディカルシステムズとコニカミノルタ、産婦人科向け超音波診断装置の販売事業で協業

  1. Aplio
  2. Xario
  3. 超音波診断装置
協業・共同研究キヤノンメディカルシステムズ株式会社

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(以下、キヤノンメディカル)とコニカミノルタ株式会社(以下、コニカミノルタ)は、国内産婦人科向け超音波診断装置の販売事業において協業することを発表した。

■協業の内容
キヤノンメディカルとコニカミノルタの国内販売子会社であるコニカミノルタジャパン株式会社(以下、コニカミノルタジャパン)の間で販売契約を締結し、キヤノンメディカル製の超音波診断装置「Aplio i(アプリオ アイ)シリーズ Women’s Health モデル」「Aplio a / Verifia(アプリオ エー/べリフィア)Women’s Health モデル」「Xario(エクサリオ) 100 S-Edition」の3機種を、コニカミノルタジャパンの取り扱い製品とした。

なお、これらの製品については、国内販売をコニカミノルタジャパンが、保守や故障対応などのカスタマーサービスをキヤノンメディカルが行う。

■協業の背景
コニカミノルタのコンパクトで高画質な超音波診断装置は、整形外科領域および麻酔科領域において高い評価を受けている。2019年には、婦人科検診や妊婦健診、胎児の発育管理、不妊治療などに利用される経腟用の超音波診断装置を投入し、産婦人科領域へ本格参入した。以来、国内経腟用ではトップクラスのシェアを獲得しており、今後は経腹用もラインアップに加えることで、国内産婦人科における存在感を高めている。

キヤノンメディカルの超音波診断装置は、幅広いラインナップと独自の高精細画像技術に強みを有し、グローバルに事業を展開している。国内においては大学病院や検査室を中心とした内科や循環器科、乳腺領域に高いシェアをもち、近年、産婦人科領域にも注力している。 産婦人科領域で強い販売力をもつコニカミノルタと、ハイエンド超音波装置で高い技術力をもつキヤノンメディカルとが協業することで、お客様には、安心かつ満足度の高い診療サポートが可能となっている。

今後も両社は、お客様への提供価値をより一層向上するために、お互いのテクノロジと資産を活用しながら自社の強みをさらに強化し、協業のシナジーを高めていくとしている。

キヤノンメディカルシステムズとコニカミノルタ、産婦人科向け超音波診断装置の販売事業で協業

関連先リンク:https://jp.medical.canon/

TOP

「映像情報Medical」サイトへのアクセスありがとうございます。

本サイトは、国内の医療関係者(医師、技師、看護師等)を対象に、
様々な情報を提供させていただくことを目的としております。

新規会員登録・コンテンツの閲覧は無料です

一般の方や、国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

映像情報Medicalのご利用にあたってをご確認の上、対象の職種をクリックしてください。
 
医療関係者でない場合は、会社概要ページへお進みください。