雑誌 書籍 広告のご案内 よくあるご質問 会社情報 お問い合わせ
映像情報 web
映像情報 インダストリアル 映像情報 メディカル ホーム
雑誌詳細と定期購読のご案内
今月の特集と目次
バックナンバー
お試し購読制度のご案内
本書が買える書店
投稿について
広告のご案内
【@MED】は医用画像(Medical Imaging)専門の情報サイトです
 
 
映像情報 インダストリアル
ホーム > 映像情報メディカル > 今月号の特集
今月の特集と目次
映像情報メディカル 今月号の表紙写真


2009年7月号
[ピックアップ記事]
特集2:RFAと造影エコー

 前回の2008年7月号で、ラジオ波焼灼療法の特集を組まさせてもらった。今回は、ラジオ波焼灼療法と造影エコーという題での特集を組んだ。造影エコーに関しては、周知のとおり第2世代の超音波造影剤ソナゾイドが、多くの病院において、診断・治療支援に用いられている。機種も、各メーカが日々新商品およびモードを作成している。
 今回の特集では、日常診療で多くの病院で使用されている機種を中心に、現在その機種でどこまでできるか? どのような応用が可能であるか? についてを中心に述べている。また、通常の造影エコーの方法についても記載する。
 2008 年2 月より、MRI 造影剤としてGd-EOB-DTPA(EOB)が出現した。本剤は、静脈に投与後、血管内および細胞間隙に非特異的に分布したのち、肝細胞内に特異的に取り込まれる。本剤を用いた血流診断、および治療効果判定の有用性の報告もみられるようになってきている。
 今回は、これらの新しい技術と手法、新しい造影剤との治療効果判定についての報告を中心にまとめてみた。本特集を読んで、明日への臨床へ活用していただければ幸いである。(特集2 序説より)




【目次】
■特集1
造影CT における至適造影剤投与方法を探る
  • 2管球搭載型CT『SOMATOM Definition』を用いた心臓CT検査
    /岡田宗正ほか

  • 『Discovery CT750 HD』による心臓検査の実際/田波 穣ほか

  • Dual Source CTにおける心臓CTの実際/一瀬あずさ ほか

  • 肝臓における至適撮像法/近藤浩史ほか

  • 肝実質造影効果における体脂肪の影響の検証:高体重患者での
    300mgI/mLの110mL固定投与方法の検討/森阪裕之ほか

  • 造影CTにおける胸腺静脈の至適造影方法/井上敦夫ほか


■特集2
RFAと造影エコー
  • 企画・序説/堀田直樹(増子記念病院)

  • IMAGE PREVIEW

  • Radiofrequency ablation(RFA)効果判定におけるGd-EOB-DTPA-MRI(EOB-MRI)の有用性:造影エコーと比較して/小川定信ほか

  • 造影RVSは誰にでもわかりやすいエビデンスに基づいた画像診断である
    /岩崎隆雄

  • 肝細胞癌の診断およびRFA治療に対する治療効果判定
    〜GE横河メディカルシステム社製LOGIQ7、E9を用いた造影超音波検査〜/小川眞広ほか

  • ソナゾイド造影LIVE 3D超音波と肝癌ラジオ波治療:
    新たな治療効果判定の可能性について/丸山紀史ほか

  • 『APLIO XG』を用いての肝細胞癌治療支援/堀田直樹


■巻頭言 明日への提言 e.m.tomorrow
 保険診療報酬に思うこと−落とし処は?−/内藤博昭


■特別企画−スペシャルインタビュー−
 「海堂 尊氏にきく〜Ai 革命がもたらすもの〜」


■特別寄稿
  • 第4 回TCIF(Trance-Catheter Imaging Forum)に参加して
    /西内孝一ほか
  • 第4 回TCIF 学会記/今井敦子


■特別論文
・カプセル内視鏡の魅力/亀井智成

<核医学定量診断セミナー>
 ・FDG-PET3次元関心領域自動設定機能の試用経験:
  SUV値の誤差要因に関する考察/石津浩一
 ・PET/MRI一体型装置の開発/山本誠一ほか
 ・半導体PETの特長と問題点について/加藤千恵次


■連載
  • Tips!次の一手私のノウハウB
    3D Isotropic撮影による肘部菅尺骨神経描出/麻生弘哉


  • “ふみぽん”が行く!(第62回)〜ある診療放射線技師の日常〜
    「MDCT 講演会」/石森文朗

  • 明日の医療のために〜トレーニングセンター最前線〜C
    /日本放射線技師会(JART)
    Webにてインタビュー記事 掲載中!

>>ホーム
| 本サイトのご利用について | プライバシーについて | サイトマップ | お問い合わせ |
Copyright (c) Sangyo Kaihatsukiko Inc.All rights reserved.