雑誌 書籍 広告のご案内 よくあるご質問 会社情報 お問い合わせ
映像情報 web
映像情報 インダストリアル 映像情報 メディカル ホーム
雑誌詳細と定期購読のご案内
今月の特集と目次
バックナンバー
お試し購読制度のご案内
本書が買える書店
投稿について
広告のご案内
月刊メールマガジン
<映像情報メディカルのメルマガはただいま準備中です。>
映像情報インダストリアルの内容紹介。特集記事や掲載論文の説明などをお届けします。
>>詳細はこちら
[メールアドレス]
powered by まぐまぐ
 
映像情報 インダストリアル
ホーム > 映像情報メディカル > バックナンバー > 2003年のバックナンバー
バックナンバー
2003年
1月号 最新のparallel imaging
2月号 フラットパネルディテクタ2003
3月号 RSNA2002
4月号 JRC2003
遠隔画像診断の現状と将来
5月号 Cardiology/Vascular超音波診断
6月号 乳癌画像診断−各分野の課題と将来−
7月号 高速らせんCT up Date−造影CTにおける至適造影剤投与方法を探るー
8月号 検診現場における画像診断
9月号 マルチスライスCTによる大容量ボリュームデータへの挑戦
10月号 核医学 最近の話題と今後の期待
11月号 手術に代わる放射線治療
12月号 医療情報システムのマニフェストを探る
1月号
最新のparallel imaging
  ■特集 
企画:倉敷中央病院 渡邊祐司
・序説/渡邊祐司
・パラレルイメージングの原理・特徴/丸山克也ほか
・拡散強調画像を利用したFiber Tracking/野崎太希ほか
・心臓領域におけるparallel imagingの役割/市川泰崇ほか
・0.7TオープンMRIによる心臓パラレルイメージング/瀧澤将宏ほか
・冠動脈MRAにおけるParallel Imagingの応用/横山健一ほか
・腹部領域におけるSENSE法の有用性/伊藤博敏ほか
・Parallel Imagingの応用−非造影MRAを中心に−/町田 好男ほか
・腹部造影MRAにおけるparallel-imagingの応用/竹原康雄ほか
・膝関節のParallel Imaging/新津 守

■第52回東海総合画像医学研究会講演論文集
・プログラム
・脳動脈解離における3D-CTの有用性/中根正人ほか
・肝細胞癌に対するCTガイド下ラジオ波熱凝固療法の検討/亀井誠二ほか
・腹部領域におけるマルチスライスCTの実践的活用/加藤良一
・胆膵疾患における造影エコー法の有用性/今井英夫ほか

■画像医学への提言
・形態学教育今昔/渡会二郎

■フィリップスIDTセミナー東京
・IAdvantage of COBRA Software/Scott Pohlman
・Clinical Advantage of 16 Slice CT/Dr. S. Peled
・CTの被曝と撮影条件最適化/赤羽正章
・マルチスライスCTの将来/片田和廣

■Tips 私のとっておきのテクニック
・造影CT検査における造影剤検出能の向上について/石田智一ほか



▲ページ上部へ
2月号
フラットパネルディテクタ2003
  ■特集 
【臨 床】
・動態解析の可能なX線スクリーニング検査法の開発/真田 茂
・Flat Panel Detectorを搭載したDSA装置の使用経験/田中佐織ほか
【技 術】
・静止画用FPD の動態観察応用の研究/井上仁司
・静止・動画像撮影におけるFD装置について/岡部光行ほか
・透視対応型・島津直接変換方式次世代フラットパネルディテクタ/足立 晋ほか
・動画対応デジタルフラットパネルディテクタの最新情報/柴草高一
・透視対応FPD-DRシステムの技術開発/池田重之
・フラットパネルディテクタ搭載血管撮影装置
 〜Integris Allura 9 Dynamic Flat Detector〜/中川良介

■42回日本核医学会総会ランチョンセミナー脳核医学検査の役割を考える
(座長 畑澤 順)
・脳外科の立場から:『EBM・DRG-PPS時代における脳血流SPECTの利用』
/牧野憲一
・精神科の立場から:『痴呆前駆状態、その診断における脳血流SPECT』
/朝田 隆

■画像医学への提言
・『EBM(Evidence based-Medicine)』で考えること/宍戸文男

■原著論文
・マルチスライスCTを用いた大動脈領域における造影法の最適化
/穴見和寛ほか
・非イオン性造影剤イオパークの静脈性尿路造影における有用性について
/山本忠司

■Tips 私のとっておきのテクニック
・乳幼児MRI検査における一工夫 〜補助具を用いて〜/石黒智津ほか



▲ページ上部へ
3月号
RSNA2002
  ■特集 
【特別座談会】
21世紀の放射線科を取り巻く環境とRSNA
青木茂樹・廣橋伸治・市川智章・高原太郎・扇 和之臨 床
・RSNA2002 印象記/扇 和之
・RSNA2002 Award Winners
 受賞者一覧
・Technical Exhibits Report
 各社ブース紹介
■10th 画論
【特別講演】
・Kieran J.Murphy,M.D./片田和廣/吉岡邦浩
安野泰史/小林泰之/桑鶴良平
宮坂和男/桑鶴良平/岡崎宣夫/杉野義則
奥田準二/金田 智/北島政樹

■画像医学への提言
・画像診断と仮想現実/藤岡睦久

■Daiichi-Amersham Health Joint Meeting
・Expanding Applications for CT in the Cardiovascular System
/Geoffrey D. Rubin, M.D.

■10th 画論
第30回日本磁気共鳴医学会大会「虚血性心疾患の臨床とMRI」
・循環器内科から見たMRI/吉野秀朗
・虚血性心疾患の心臓MRI検査/佐久間肇

■Tips 私のとっておきのテクニック
・腹部鈍的外傷患者における、造影CT撮影後腹部X線撮影の有用性
〜尿路系の損傷が疑われる場合〜/相良健司ほか



▲ページ上部へ
4月号
JRC2003/遠隔画像診断の現状と将来
  ■特集 JRC2003
〈挨拶〉第62回日本医学放射線学会にあたって/小西淳二
〈挨拶〉放射線技術の標準化と専門技術者制度を考える
JRC2003大会へのご案内/増田一孝
〈挨拶〉2003年国際医用画像総合展開催にあたって/桂田昌生
・ITEM 2003
 国際医用画像総合展出展企業による最新医療機器

■特集 遠隔画像診断の現状と将来
 企画:高橋睦正(セコム医療システム(株)/熊本大学名誉教授)
・序説/高橋陸正
・遠隔画像診断の歴史的背景/佐藤俊彦
・遠隔画像診断の問題点と高精度レポートの作成/高橋睦正
・医療ネットワークと遠隔画像診断/石垣武男
・遠隔画像診断機器と表示データ方式/長谷川高志ほか
・遠隔画像診断と健保診療報酬/煎本正博
・遠隔画像診断の医療経済/高橋睦正
・遠隔画像診断の新しい試みと展望/宮坂和男

■画像医学への提言
・高精細モニタ読影とフィルムレス時代の到来/楢林 勇

■Special Report 『中国労災病院』
・さらなる“安全で高度な最新の医療”の実践を目指したFPD搭載透視撮影システムの導入

■Tips 私のとっておきのテクニック
・三次元血管造影画像から算出する脳動脈瘤内径の利用
 〜二次元画像を利用した計測から三次元画像を利用した計測へ〜
/立元浩司



▲ページ上部へ
5月号
Cardiology/Vascular超音波診断
  ■特集
企画:伊東紘一(自治医科大学臨床検査医学講座)
高血圧症と心エコー/田中伸明
僧帽弁・三尖弁疾患/林 輝美ほか
大動脈弁・肺動脈弁疾患/石光敏行
心筋症について/竹中 克
心臓腫瘍・心膜疾患/石塚尚子ほか
虚血性心疾患と血管内エコー法/猿谷忠弘ほか
末梢血管の動脈硬化/谷口信行ほか
下肢深部静脈血栓症の超音波検査法/小野倫子ほか

■画像医学への提言
・激動の画像医学への対応/岡崎 正敏

■Tips 私のとっておきのテクニック
・心臓Viability撮像法
〜TFE factorの違いによる画像への影響について/勝沼 泰

■原著論文
・体部における拡散強調画像の臨床応用
SENSE-DWIのもたらすbody MRIの新局面/那須克宏ほか
・健診施設における画像情報システムの導入について
上田講紀ほか
・ハッカ油添加バリウム造影剤のぜん動抑制効果について
寺澤 操ほか

■E.M.INTERVIEW
新たなる挑戦/イーストマンコダック社



▲ページ上部へ
6月号
乳癌画像診断−各分野の課題と将来−
  ■特集
・序説 遠藤登喜子
・マンモグラフィの精度管理/角田博子
・デジタルマンモグラフィの現状と未来/内山菜智子
・乳癌診断におけるデジタル技術とCAD/縄野 繁ほか
・乳腺超音波の新技術と将来/宮本幸夫ほか
・乳房超音波検査の診断基準と教育/東野英利子
・マルチスライスCTとMRIの現状と将来/戸崎光宏ほか
・病理診断医からみた画像診断の将来−画像診断と病理診断との接点−/黒住昌史
・乳癌啓発活動の重要性−乳癌死亡率低下を目指して−/島田菜穂子

■画像医学への提言
・形態診断から機能診断へ−画像医学の新たな展開を期待する/田中良明

■Tips 私のとっておきのテクニック
・脊髄、脊椎領域のMRにおける工夫
〜頸胸髄・頸胸椎領域の脳脊髄液のフローアーチファクトの軽減〜/高羽順子

■第3回東海総合画像医学研究会講演論文集
・異所性及び腺外性下垂体腺腫の画像診断/須崎法幸ほか
・専用コンソールを使用するDICOMビューワーの有用性−MSCTの効率的な読影−/服部秀計ほか
・術前診断が困難であった良性尿管狭窄の一例/深津 博ほか
・子宮筋腫の子宮動脈塞栓術/勝盛哲也
・MRIガイドによる子宮筋腫の凍結手術/原田潤太



▲ページ上部へ
7月号
高速らせんCT Up Date
−造影CTにおける至適造影剤投与方法を探る−
  ■特集
・造影剤投与方法−最適な注入時間について−/塚本達明ほか
・肝ダイナミック造影CTにおける各種造影剤の有用性の検討
 −特に高用量製剤(300mgI/100mL、150mLシリンジ)について−/井田健太郎ほか
・マルチスライスCTによる膵臓のダイナミックCT
−膵癌の診断を ターゲットとして−/河中功一ほか
・マルチスライスCTを用いた三次元画像による腹腔鏡下大腸癌手術への画像支援/松木 充ほか
・肺動脈塞栓症と深部静脈血栓症のマルチスライスCTによる同時評価
−150mL製剤を用いた試み−/津田孝治ほか
・大動脈病変(stent-graft)治療における造影CTの役割/兵頭秀樹ほか
・150mL製剤による下肢静脈血栓症の診断/川上 剛ほか
・当施設におけるルーチン造影CT検査の現況/清 哲朗ほか

■画像医学への提言
・放射線医学の将来/田村正三(宮崎医科大学放射線科)

■Tips 私のとっておきのテクニック
・急性期大血管解離におけるMDCTの活用〜flapの検索について心電同期を利用して〜/横山博一

■特別企画・誌上講演会 
 コンピュータ支援診断CADの現状と将来/土井邦雄(シカゴ大学)

■Top Interview
「航跡」そして「指針」〜「巨人」が目指すもの〜
GE横河メディカルシステム株式会社 代表取締役社長兼CEO 三谷宏幸氏

■Special Report
医療機器はシステム型循環商品 「保守と維持管理」のさらなる理解を!



▲ページ上部へ
8月号
検診現場における画像診断
  ■特集
第1部 検診でモダリティを活かす
検診と放射線科医の関係/森山紀之
Helical CTによる肺癌検診/柿沼龍太郎ほか
脳ドック検診/上出廷治ほか
検診現場における超音波画像診断/小野良樹ほか
乳癌のPET検査/井上登美夫ほか
画像診断の予防医学への展開/舘野之男
【特別寄稿】癌検診におけるPETの位置づけと有効な利用/西澤貞彦

第2部 システム・医療経済
人間ドック健診におけるワークフローとデジタル健診データの活用システム/辻 博
人間ドックにおける画像診断の医療経済効果/西村秋生

■画像医学への提言
・卒業生の1割を放射線科医に!/小川 敏英

■国際学会見聞記
ECR体験記/山本正二

■新連載 IT medicalの現場を探る!
 ストリ−ミング(1)「ストリーミングとは何か?」

■新連載 画像処理マニュアル このテクニックに注目 
 最新CTにおける3D画像作成/辻岡勝美



▲ページ上部へ
9月号
マルチスライスCTによる大容量ボリュームデータへの挑戦
  ■特集
序説/小林泰之
マルチスライスCTのデータを保存するということ/松本和彦
HDサーバー・音声認識・シェーマ作成ソフトなどについて/高原太郎
マルチスライスCT時代のボリュームデータ・マネージメント/小林泰之ほか
マルチスライスCT大容量画像データへの対応 HIS/RIS、PACS、レポート端末と3Dワークステーションの統合による読影システム構築/伊藤博敏ほか
革新的ネットワークソリューションによる大容量データへの対応/井田正博ほか
大容量データの保存と配信の問題/林 直人ほか
成育医療センター病院における3Dワークステーションの運用 FULL-PACS システム上での約1年半の使用経験から/岡田良行
マルチスライスCTによる医用画像データ量の増大と生データサーバの役割/森谷浩史ほか
大容量時代のネットワークの現実と問題点 電子情報の原本性保証/村田晃一郎
大容量CTデータ処理解決への展望/片田和廣

■特集 救急医療と画像診断
携帯型超音波診断装置における救急現場の画像診断/新沼廣幸ほか
状況に応じたモダリティ使い分けの重要性 ネットワーク整備が今後の課題/石川英男

■画像医学への提言
放射線診断は結局コミュニケーション/大友 邦

■Tips 私のとっておきのテクニック
三次元画像を正確に作るために 〜電圧・ピクセルサイズ・再構成間隔が及ぼす影響について〜/加藤尚子ほか

■Special Report
高度先進医療の提供と全人的医療を実践する医師の育成をめざして
自治医科大学附属大宮医療センター中央放射線部



▲ページ上部へ
10月号
核医学 最近の話題と今後の期待
  ■特集
企画:藤井博史(慶應義塾大学医学部放射線科)
序文/藤井博史
SPECT/MDCT combined systemの心筋シンチグラフィへの応用/冨口静二ほか
小動物用ポジトロンCTによるマウス/ラットのイメージングと定量評価/外山 宏ほか
クリニカルPET/CT/中本裕士
放射性薬剤を用いたセンチネルリンパ節ナビゲーション/藤井博史ほか
ハンディーガンマカメラ/土持 眞ほか
放射性ヨード標識MIBGで神経芽細胞腫を読む/内山眞幸
脳腫瘍におけるSPECTによるGamma Knife Radiosurgeryの治療効果の判定/瀬尾善宣ほか
内用療法の基礎 特に放射能標識モノクローナル抗体の応用について/絹谷清剛
I-131 MIBGによる悪性神経内分泌腫瘍の内用療法/横山邦彦ほか

■画像医学への提言
診断レベルの放射線被曝は有害?/芝本雄太

■画像処理マニュアル−このテクニックに注目−
最新CTにおける3D画像作成〜血管描出を中心に〜/井田義宏

■Tips 私のとっておきのテクニック
心臓MRIの遅延造影像〜Gd-DTPA投与後の撮像タイミングと至適TIについて/長屋重幸

■THE INTEVIEW
現在に脈々と通じる創業の精神
(株)島津製作所 取締役医用機器事業部長 松山恒和氏に訊く



▲ページ上部へ
11月号
手術に代わる放射線治療
  ■特集
企画:徳植公一(筑波大学臨床医学系放射線腫瘍科)
IMAGE PREVIEW
序文/徳植公一
AVMに対するradiosurgery/国枝悦夫
喉頭温存を目的とした下咽頭癌に対する放射線治療/塩山善之ほか
I期非小細胞肺癌に対する定位放射線治療/原 竜介ほか
食道癌の陽子線治療 手術の代替治療となりうるか/菅原信二
肝細胞癌に対する陽子線治療/徳植公一ほか
IMRTによる前立腺癌放射線療法/幡野和男ほか
浸潤性膀胱癌に対する膀胱温存療法/幡多政治
放射線治療による臓器温存の実際/加賀美芳和

■画像医学への提言 e.m.tomorrow
ERの狭間のなかから/渋谷 均

■IT medicalの現場を探る!
リアルタイムに医療画像の4次元データを配信

■Tips 私のとっておきのテクニック
MSCTによる胸部CTの画像提供方法/中村公行

■原著論文
膵における高濃度造影剤の有用性の検討/品川正治ほか

■SPECIAL ARTICLE
心臓磁気計測システム/村上正浩ほか

■画像処理マニュアル このテクニックに注目
カラー表示を用いたCTボリュームデータの新しい評価方法の試み/穐山雄次ほか



▲ページ上部へ
12月号
医療情報システムのマニフェストを探る
  ■特集
総論
電子カルテ、厚生労働省の進め方/武末文男
特別鼎談
電子カルテと画像情報 将来への展望(前編)/石垣武男・岡崎宣夫・桑鶴良平
事例紹介
「スピード」と「信頼性」を徹底的に追及したPACSシステム導入/宮城県立こども病院
マルチベンダーによる電子カルテと画像システムの一体化/秋山昌範
電子カルテ、放射線部情報システム各ベンダー間の良好な連携で円滑な画像検査の運用を実現/武中泰樹ほか
医療情報最前線
DICOMはどこへ向かうか/篠田英範
HL7/下邨雅一
IHE(Integrating the Healthcare Enterprise in Japan)による医療情報システム構築ソリューション/細羽 実
大規模医療情報システムの問題点とIHEへの期待/江本 豊
医療情報のセキュリティとプライバシー保護/山本隆一
特別寄稿
DICOM その輝ける軌跡
「医用におけるデジタル画像と通信」に関する標準規格/Peter Mildenberger

■特集2「医療用液晶モニタ」
医用画像用液晶モニタに求められる特性と今後の展開/稲邑清也
医療用液晶モニタ製品紹介

■画像医学への提言 e.m.tomorrow
時代の求める放射線科医/工藤 祥
■原著論文
Single herical CTによる腹部領域造影検査での体重別、至適造影剤投与量の検討/吉廻 毅ほか
■画像処理マニュアル このテクニックに注目
カマルチスライスCTを用いた脳神経外科領域の3D画像作成/平野 透



▲ページ上部へ
>>ホーム
| 本サイトのご利用について | プライバシーについて | サイトマップ | お問い合わせ |
Copyright (c) Sangyo Kaihatsukiko Inc.All rights reserved.