雑誌 書籍 広告のご案内 よくあるご質問 会社情報 お問い合わせ
映像情報 web
ホーム > 書籍 > 大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2017
当社発行書籍のご紹介
大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2016

郵便振替または銀行振込の方はコチラ↓

カード決済の方はコチラ↓
大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2017
A4版 【2017年7月5日発行】
定価[本体9,200円+税]
デジタルサイネージは、「総務省:2020年に向けた社会全体のICT化推進に関する懇談会」においても議論の中心として、メディア各種の中でもその機能・効果について、重要度が語られるようになりました。・・・小さなディスプレイから大きなディスプレイ、シネコンの画面も、巨大な屋外ビジョンまで含めて、すべてがサイネージという環境が構築されて行きます。デジタルサイネージの名称は、さらに広汎な“スクリーンメディア”が適する時代に入ります。・・・よりプレミアムな8Kもすでにサイネージに登場。このあたりの状況を本書で触れています。改めて、次の発展段階に入ったデジタルサイネージ、または、スクリーンメディアの最新の動向を読み解いていただけます。(発刊あいさつより抜粋)
>>大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2016はこちら
>>大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2015はこちら
>>大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2014はこちら
【特別寄稿】
  【高度映像・情報技術と今後の市場】
実用化に近づいた8K内視鏡システム
空中結像 −スクリーン不要のバーチャルリアリティ
4K/8K時代のストレージ・ソリューション考察
日本一のVRソフト「UC-win/Road」でマッピング業界にも新風
フォーラムエイトの伊藤社長に聞く ・ダイナミック光パスネットワーク技術による超低遅延4K/8K テレセッション
介護市場におけるコミュニケーションロボットの活用について〜株式会社エクシングの取り組み〜
災害時も役立つV-Lowマルチメディア放送を活用した新しいデジタルサイネージ
並列するコミュニケーションメディア時代のオウンドメディア店舗活用<デジタルサイネージシステムFLOWシリーズのご案内>
秋葉原UDXビジョン事業と今後の展望
【第1章】大型ディスプレイの最新市場・動向
業務用大型フラットパネルディスプレイ市場動向
大型LEDディスプレイを利用した街頭大型ビジョン事業の現状〜札幌と那覇の状況を中心に読み解く〜
【第2章】大型ディスプレイ&サイネージの最新技術動向
高精最新ソリューションで業界をリードするシャープの新製品と導入事例
最新のサイネージシステムを支えるジーベックスのソリューション技術
大超高精細LEDディスプレイで業界をリードするシリコンコア・テクノロジー
数多くの設置実績があるHY-システムのフルカラーLED大型映像システム
大型LEDディスプレイ中心に市場を拡大するレイヤードジャパン
【第3章】デジタルサイネージの最新動向
新しいライブ映像について
タケナカの総合力で実現する日本全国のプロジェクションマッピング関連イベント
NHKアイテックの大型映像表示システム、サイネージ事業への取り組み〜4K・8Kマルチビジョンと多機能型デジタルサイネージ〜
全国に広がるPDCの映像システムソリューション
発展を続ける PAS:パス・コミュニケーションズの大型ビジョンビジネス・JR東日本の交通広告における「デジタルサイネージ」のトピックス〜拡大する駅ナカサイネージと山手線新型車両「E235系」の量産開始〜
【第4章】大型ディスプレイ&サイネージ関連団体の取り組み
  【DSC:デジタルサイネージコンソーシアム各部会の取り組み】
DSC:2017年度最新の紹介
DSC:デジタルサイネージコンソーシアムの活動
「ユーザーズ部会」の活動と「Lアラートワーキンググループ」の取り組み
「プロダクション部会」の取り組み
「ユーザー・エクスペリエンス部会」の活動と「アテンドサイネージガイドライン」
「マーケティング・ラボ部会」の活動〜研究成果、書籍「デジタルサイネージ2020」の発刊〜
「システム部会」のご紹介
「国際標準化戦略部会」デジタルサイネージ国際標準化の取り組み
次世代のデジタルサイネージ産業を担う人材の育成のために〜DSC「サーティフィケーション部会」の発足について〜

>>ホーム
| 本サイトのご利用について | プライバシーについて | サイトマップ | お問い合わせ |
Copyright (c) Sangyo Kaihatsukiko Inc.All rights reserved.