雑誌 書籍 広告のご案内 よくあるご質問 会社情報 お問い合わせ
映像情報 web
ホーム > 書籍 > 心臓血管画像MOOK
当社発行書籍のご紹介
m 「映像情報メディカル」関連書籍

心臓血管画像MOOK
監修:児玉和久
企画 平山篤志/栗林幸夫/山岸正和/南和友/小松 誠
定価 5,000円+税 B5判 166頁【 2008年1月31日発行 】
近年、MDCTを初めとした非観血的検査法が、予想をはるかに超える速度で循環器臨床の現場で活用され始めています。本書はこの期待の大きい分野に焦点を置いた、まさに時機を得た一冊です。
◆序説
MDCT時代の冠動脈疾患診療〜侵襲的画像診断への接近から融合へ/児玉和久
◆第1章 心臓MDCTの過去、現在、未来
心臓MDCT開発の歴史と将来/栗林幸夫
64列MDCTで循環器診療はこう変わった/近藤 武ほか
適応制限のより少ない心臓CTの時代へ/小松 誠ほか
Dual Source CT Coronary Angiography in Patients after Coronary Artery Bypass Surgery
/Dieter Ropers
新しい心臓撮影法SnapShot Pulse/佐々木公祐
SOMATOM Definition syngo Circulation/伊藤俊英
心臓CTの最新情報/山田徳和
循環器領域におけるBrilliance CTの有用性/小薗井剛
心臓CTでのワークステーション活用最前線/河野安宏
ZIOSTATIONの心臓解析/七戸金吾
AquariusNetStation/清水 聡
◆第2章 総合内科医・循環器内科医が知っておきたいMDCTの基本
心臓MDCTの撮影のコツ/陣崎雅弘
今更聞けない「マルチスライスCTってなあに?」/望月輝一
心臓MDCT撮影における心電図同期法/大塚雅人
心臓MDCT画像を読む〜基礎の基礎/小松 誠ほか
当施設のプロトコール(16列マルチスライスCTの心臓CT検査)/藤沢康雄
64列CTプロトコール/吉田純一ほか
◆第3章 インターベンションの新展開
冠動脈疾患に対する治療介入−薬物療法・PCI・CABG−/小谷順一ほか
MDCTによる冠動脈ステントの評価はどこまで可能か?/田辺健吾
DESの再狭窄とlate thrombosis/石原正治
エキシマレーザーによる局所への短期的効果/上田恭敬
イメージングで診る、SVGおよびvein graft diseaseの特徴/松岡 宏ほか
細胞移植によるインターベンション/斎藤 穎ほか
◆第4章 冠動脈プラーク診断の多面的アプローチ
プラークを診断することは冠動脈疾患患者をどれだけ救うか?/平山篤志ほか
冠動脈プラークと心機能について/高山忠輝ほか
血管内視鏡でみる不安定プラーク/上田恭敬
血管内超音波の将来展望/坂田憲治ほか
OCTによる不安定プラーク検出の展望/澤田隆弘ほか
MDCTによる脆弱性プラークの診断、プラーク退縮の評価/佐藤裕一
Vulnerable Patientのプラーク破綻のイメージング
―第1回Trans Catheter Imaging Forum より/小松 誠ほか
◆第5章 学会、海外情報
Special Interview“心臓CTとの出会いとSCCT”/Stephan Achenbach
SCCT Japan Chapter President・栗林幸夫先生(慶應義塾大学医学部放射線診断科教授)に訊く
2nd Annual Scientific Meeting of the Society of Cardiovascular Computed Tomography 学会記
/小松 誠
>>ホーム
| 本サイトのご利用について | プライバシーについて | サイトマップ | お問い合わせ |
Copyright (c) Sangyo Kaihatsukiko Inc.All rights reserved.