2017年に各社から発表された新製品・新技術(NEW PRODUCTSコーナーに掲載)の中から、マシンビジョン関連の製品101点をノミネート。
映像情報WEB(www.eizojoho.co.jp)で実施した読者投票により、金・銀・銅の各賞を決定いたしました。



No.14
高耐光版3D TOF カメラ開発キット
東京エレクトロン デバイス株式会社
No.23
産業用3次元デジタルカメラ
「Basler ToF(Time-of-Flight)」
株式会社リンクス
東京エレクトロン デバイス(株)は、高耐光版3D TOFカメラ開発キットを販売開始した。本製品は、高精細・高精度なオリジナル3次元システム開発を、開発投資を最小限におさえながら短期間で実現できるシステムである。赤外光が光源から対象物を往復する際にかかる時間から距離(距離=光の速さ×時間)を計測するTOF(Time Of Flight)方式を採用し、画素ごとに時間を計測するためCPUへの負荷は小さく、1つのカメラで計測対応できることから装置の小型化を可能にする。また、TOFセンサモジュールにはARM内蔵FPGAを実装しており、ユーザによるカスタマイズが可能。さらに、付属のサンプルアプリケーションとSDK(Software Development Kit)を活用し、PCベースによる評価環境やホスト処理システムの構築も容易に行うことができる。
(株)リンクスは、産業用3次元デジタルカメラ「Basler ToF(Time-of-Flight)」の販売を開始した。Basler Time of Flightは、独Basler社が開発した、同社初の3次元デジタルカメラである。既存の3次元カメラと比較して、レーザースキャナなどの付属機器を追加で設置する必要がないことから、容易に利用することができる。また、カメラの光源からの光が、撮影する対象物や場所等に到達し、カメラに戻ってくるまでの時間を計測することで、対象物との距離を算出するTime of Flight の手法を利用している。本製品の主な特長は次のとおり。●付属部品の追加が不要で、容易に利用可 ●システムコストを削減 ●3次元モデリングが可能 ●NIR LEDを使用 ●屋内用途に最適 ●HDR対応 ●複数台接続時の自動露光調整 ●GigE Vision 2.0対応








No.05
高性能マシンビジョン製品
「NEON-1021」「EOS-1300」「PCIe-GIE72/74」
ADLINKジャパン株式会社
No.13
グローバルシャッタCMOS センサカメラ
「XCG-CG シリーズ」
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社
ADLINK Technologyは、高性能のクアッドコアIntel Atom E3845プロセッサを採用した最新スマートカメラの「NEON-1021」、4チャネルPoEコンパクト・ビジョン・システムの「EOS-1300」、2/4チャネルGigEビジョンPoE+フレームグラバの「PCIe-GIE72/74」を発表。NEON-1021は、スピーディーなMulti-ROIイメージキャプチャおよびFPGAによる画像前処理機能に対応。EOS-1300は、高度なI/O配置、広範動作時温度対応、オンボードのライセンス保護といった特長を備えており、食品・飲料、製薬、医療機器などのアプリケーションに最適なソリューションである。PCIe-GIE72/74は、統合ソフトウェア・ライセンス管理と高度なFPGA対応トリガ・オーバー・イーサネット機能により、複数のカメラのキャプチャを同期化し、保有コストを大幅に削減するのに役立つ。 ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(株)は、グローバルシャッタCMOSセンサを搭載したPoE対応GigE Visionインタフェイスデジタルカメラの新シリーズ「XCG-CGシリーズ」を発売した。CCD搭載デジタルカメラやアナログカメラと同等のサイズ・高信頼性を継承し、置き換えに最適である。グローバルシャッタCMOSならではの高速、高感度のニーズに応え、多彩な機能を利用可能。本製品の主な特長は次のとおり。●高フレームレート ●IEEE1588準拠 ●フリーセットシーケンス ●バーストトリガ ●帯域制御機能 ●エリアゲイン ●マルチRO(I ※XCGCG160/CG160Cのみ) ●ビニング ●その他:トリガレンジ制限、欠陥補正、3× 3フィルタ、シェーディング補正、イメージフリップ
No.15
「BG302LMシリーズ/BG505LMシリーズ」
東芝テリー株式会社
No.48
小型高輝度LED 光源
「LQ-LED 180」
ケイエルブイ株式会社
東芝テリー(株)は、GigEインタフェイスを採用したカメラ(BGシリーズ)に310万画素(IMX265)と500万画素(IMX264)のCMOSセンサを搭載したカメラを販売開始した。解像度は、2,048(H)×1,536(V)(=3.1M)、2,448(H)×2,048(V)(5M)で、フレームレートは最大35fps(3.1M)、最大22fps(5M)高解像度での高速取り込みを実現。ラインナップは各々白黒1種、カラー2種の計6種。本製品の主な特長は次のとおり。●CCDカメラ並みの高画質:高性能CMOSセンサの採用により、CCDカメラに劣らない高画質を実現 ●小型・軽量:マウント部および突起部を除くカメラ本体部は29mm(幅)×29(高さ)×40mm(奥行)。質量は56g ●GigEインタフェイス:GigEインタフェイスの採用により、PCへの接続が容易に行える。また長尺ケーブルに対応が可能であるため装置組み込みが容易 ケイエルブイ(株)は、6チャネルのLEDを搭載した高輝度LED照明装置「LQ-LED 180」を発売した。搭載している6つのLEDは、それぞれ独立しているため、切り替えが自由。目的に合わせて最適なLEDを選択し、自在に操作することができる。顕微鏡はもちろん、蛍光観察や内視鏡検査、画像処理など、多様な分野で利用が可能。本製品の主な特長は次のとおり。●搭載する6つのLEDは独立して切り替えが可能 ●紫外(DAPI励起)から近赤外領域(Cy5励起)までのスペクトル範囲に対応 ●目的に合わせてLEDを選択可能 ●6つのLEDを、別々、同時に操作 ●6つの異なるLEDを使用した均一照明 ●顕微鏡に直接取り付け、または液体ライトガイドを介して簡単に取り付けることが可能 ●顕微鏡はもちろん、蛍光観察、画像処理、内視鏡検査など多様な用途に対応
No.49
画像処理検査用LED照明
「HPR-PF」「HPD-PF」
シーシーエス株式会社
No.73
HDBaseT 延長送信器
「KE201PT シリーズ」
興和光学株式会社
シーシーエス(株)は、画像処理検査用LED照明「PFシリーズ」に、形状の異なる2つのタイプ「HPR-PF」と「HPD-PF」の白色・赤色をそれぞれ4サイズ、合計16機種を発売しラインナップを拡充した。「HPR-PF」はリング型の形状、「HPD-PF」はドーム型の形状で、いずれも均一な拡散光を照射する照明。ストロボ発光を制御する専用電源は、従来の2チャネルタイプに加えて4チャネルタイプをが加わり、検査に合わせて多彩な制御設定が可能となる。両タイプとも、明るさは12〜48Vまで512段階の電圧可変による設定、発光時間は、1〜100μsec、4チャネルタイプは1〜500μsecで設定できる。これにより、高速カメラのシャッタタイミングや、検査対象物の移動スピードに合わせた明るさと発光時間を正確に制御することが可能。 興和光学(株)は、パネル型HDMI/アナログRGB対応 HDBaseT延長送信器「KE201PTシリーズ」を発売した。HDMITとアナログRGBに対応した、パネル型ツイストペアケーブル延長送信器。フロントパネルは2連コンセントサイズに適合し、深型のボックス、壁取付が可能。またフロントスイッチは、入力切替のほか、モニタ・プロジェクタ等の電源制御に使用することも可能。また、外付けで最大3個までスイッチを増設可能。バランス出力で音声の取り出しが可能。受信器は、同社製弊受信器各種、スロット型スイッチャ「KS1208SLシリーズ」、デジタルリンク、HDBaseT入力を実装したプロジェクタ・モニタが利用できる。




No.02
10GigEインタフェイスカメラ
株式会社アルゴ

Emergent Vision Technologies社10GigEインタフェイスカメラは、10Gbpsという広帯域インタフェイスにより、GigEカメラに比べると、高速で高解像度のデータ転送が可能で、CameraLinkに比べるとケーブル長・コストの面で優位性がある。各種SonyのPregiusセンサ、CMOSISの高速センサが搭載され、EVT社とボードメーカ共同開発のマシンビジョンに特化した10GigEカードも一緒に購入することができる。オプションのBirgerマウントアダプタを付けることで、キヤノンEFマウントレンズのアイリス・フォーカスをEVT社のAPIで制御することも可能。
No.07
カメラ付きmbedプラットフォーム「GR-LYCHEE」
株式会社コア

(株)コアは、AIによる画像認識に活用できるプラットフォームとして、世界初となるカメラ付きmbedプラットフォーム「GR-LYCHEE」を開発し、2017年内に販売開始することを発表した。「GR-LYCHEE」は、産業用組込みカメラ、無線接続(Wi-Fi、Bluetooth)を標準搭載し、ルネサスe-AIソリューションの組込み、およびOpen CVに対応することで、画像処理やAIの専門知識がなくても最先端のアルゴリズムを利用したIoTシステムの導入を容易に行うことが可能。また、400MHz動作の高性能MPU「RZ/A1LU」を搭載することで、IoTエンドポイントのリアルタイム性と、クラウドのデータ処理による高機能化などバランスのよいIoTシステムの開発に貢献する。
No.10
超近赤外線HDカメラ「CYB-1300SA」
サイ・アイ株式会社

サイ・アイ(株)は、超近赤外線HDカメラ「CYB-1300SA」でICGを静脈内投与、特殊なフィルタを用い鮮明な映像観察に成功した。本製品の主な特長は次のとおり。●1/3インチCMOSイメージセンサ使用、感度は従来品の約10倍 ●カメラ最低照度は0.05Lux 近赤外光領域感度波長が、1,300nmまで到達 ●新ICG(インドシアニングリーン)蛍光造影法の観察 ●太陽電池ウエハの観察 ●ナイトビジョンの観察 ●YAGレーザ1,064nm観察 ●超近赤外線カメラの1,280[H]×1,024[V]1.3M pixel ●電子ズーム:1.0〜8.0 ●使用温度:-20℃〜50℃。 ●電源:DC12V200mA ●超近赤外線HDカメラCYB-1300SAはを月産20台目標 ●2017年4月から発売開始予定 ●価格は380,000円(税別)取り付け治具、フィルタ含む
No.16
ハイスピードマルチカメラシステム「MEMRECAM MX」
株式会社ナックイメージテクノロジー

(株)ナックイメージテクノロジーは、ハイスピードマルチカメラシステム「MEMRECAM MX」の発売を開始した。本製品は、1台の本体部MX-5に最大4台のフルHDセンサ搭載の小型耐GカメラヘッドM-Camを接続して同期撮影が可能である。従来の分離型ハイスピードカメラは本体部にメモリを設けていたが、MEMRCAM MXはカメラヘッドM-Camに4GBのメモリを搭載している。これによりカメラヘッドと本体部を繋ぐケーブルの細径化(約φ7mm)、堅牢化を実現しているほか、フルHD(2メガピクセル)という高解像度でのハイスピード撮影実現している。
No.17
赤外線サーモグラフィカメラ「InfRec TS600シリーズ」
日本アビオニクス株式会社

日本アビオニクス(株)は、プロセス監視や防災監視など温度計測機能が求められる市場から、セキュリティ監視市場まで、幅広いシステム需要に対応する高機能な設置型赤外線サーモグラフィカメラ「InfRec TS600シリーズ」を発表した。本製品は、高感度かつ高画素のVGA(640×480画素)赤外線センサを搭載し、±2℃/2%の高精度で温度計測が行える設置型サーモカメラである。主な特長は次のとおり。●最新型のVGAセンサによる高画質 ●±2℃/2%の高精度で温度計測 ●3種類のレンズバリエーション ●1,500℃までの高温レンジを搭載 ●3つのプロトコルをサポート ●カメラ本体のアラーム機能が進化 ●カメラ設定が簡単に行えるリモートコントローラをオプション化 ●小型・軽量・低消費電力 ●プログラムの構築が行えるSDKを標準添付
No.21
顕微鏡カメラ
Basler

Baslerは、顕微鏡用PowerPackに最新のCMOSセンサを搭載したaceの顕微鏡カメラモデルを新たに追加した。aceの顕微鏡カメラモデルのうち3.2MPモデルと5.1MPモデルには、高品質なソニー社製PREGIUSセンサが搭載されており、55fpsという高い速度で試料のスムーズなスクリーニングや小さな試料の動きの分析が可能。また、1.3MP 160モデルと1.3MP 200モデルは、高感度なだけでなく、オン・セミコンダクター社製PYTHONセンサを搭載することにより、200fpsのフレームレートで1.3MPの解像度を実現。精子学における細胞の動きの分析や獣医学などにおける速い動きの撮影に特に適している。顕微鏡用PowerPackがあれば、システムを簡単に構築し、正確かつ信頼性の高い撮影と分析を行うことができる。
No.22
作業支援カメラシステム「RICOH SC-10A(H)」
リコーインダストリアルソリューションズ株式会社

リコーインダストリアルソリューションズ(株)は、画像認識による作業支援カメラシステム 高倍率モデル「RICOH SC-10A(H)」を発売した。本製品は、画像認識により、類似部品や欠品、作業順序などの組み立て状況を作業途中に自動でチェックし作業ミスを防ぐ。新発売の高倍率モデルSC-10A(H)は、標準モデルSC-10Aに比べて高倍率のレンズを搭載することで、プリント基板のディップスイッチのような小さな対象物の検出が可能になり、活用シーンがさらに広がった。また、作業者に接触しないよう作業台からカメラまでの距離を離しても標準モデルより小さな対象物が検出でき、作業性を向上できる。<主な特長>●画像認識で作業ミスを防止 ●オールインワンで簡単運用 ●現場のIT化をサポート ●外部I/Oにより外部機器との連携を実現 ●色認識による判別
No.24
ハイパースペクトルカメラ「FXシリーズ」
株式会社リンクス

(株)リンクスは、SPECIM社製の産業用途向けハイパースペクトルカメラ「FXシリーズ」を国内で提供開始した。近年のインラインでの品質管理、検査、工程監視においてハイパースペクトル技術が用いられる傾向にあるが、価格・品質・速度の面からハイパースペクトルカメラは産業用途での使用が難しいという現状があった。FXシリーズでは、今まで人の手作業で組み立て・調整をしていた内部光学部品を一括にまとめた光学ユニットとして設計し量産することにより、「高品質」かつ「低価格」を実現。キャリブレーション処理を施し工場から出荷されるため、プラグアンドプレイで個体差の少ない撮像が可能な上、必要なバンドを自由に選択することで撮像の高速化が可能となっており、インラインでの使用に適した製品である。
No.28
CoaXPress I/F画像入力ボード「APX-3664G3」
株式会社アバールデータ

(株)アバールデータは、CoaXPressインタフェイス(以下、I/F)画像入力ボード「APX-3664G3」を新たに開発し、販売開始した。「APX-3664G3」は、従来より販売しているCoaXPress I/F画像入力ボード「APX-3664」のPCI Express部にPCI Express 3.0(Gen3)8GT/S×4インタフェイスを装備し、PCに装着して高速なイメージキャプチャを実現する。CoaXPressのQuadカメラ1台またはDualカメラ2台またはSingleカメラ2台を接続可能。オンボード上にFIFOメモリやWorkメモリとして使用可能なDDR3 SO-DIMMを装着している。
No.44
マシンビジョンカメラ用レンズ「FUJINON HF50XA-5M」
富士フイルム株式会社

富士フイルム(株)は、マシンビジョンカメラ用レンズの新ラインナップとして「FUJINON HF50XA-5M」の販売を開始した。本製品は、望遠タイプでありながら外径φ33mmの小型ボディと、近接撮影にも対応できる最短撮影距離200mmを実現。また優れた耐振動・耐衝撃性能を備えているため、揺れの大きい設置条件など、様々な環境下で使用できる。また可動式のロボットアームの先端部にマシンビジョンシステムを装備して製品を検査する場合でも使用できる。さらに本製品は画像認識精度向上に対するニーズの今後の高まりを見据えて、最大1.1型センサまで対応できる光学設計を採用しており、同サイズに対応したマシンビジョンカメラに装着すれば、4,5μmピクセルピッチ(7メガピクセル相当)の高い解像度を可能にする。