2016年に各社から発表された新製品・新技術(NEW PRODUCTSコーナーに掲載)の中から、マシンビジョン関連の製品122点をノミネート。
映像情報WEB(www.eizojoho.co.jp)で実施した読者投票により、金・銀・銅の各賞を決定いたしました。



No.20
画像処理システム
「In-Sight Micro 8000シリーズ」
コグネックス株式会社
No.35
画像処理機能一体型カメラ
「YFAEYE」
ヤマハ発動機株式会社
コグネックス(株)は、スタンドアロン型の画像処理システムIn-Sightファミリーの新型モデルIn-Sight Micro 8000シリーズを発表。本シリーズは、業界をリードする強力な画像処理ツールを非常にコンパクトなボディに収め、PCに匹敵する高速処理を提供する。今日では生産ラインの高速化に伴い、より高い検査精度、より広い視野、高速な画像処理ツールが求められている。これらの要求すべてをオールインワンで解決するコンパクトな本製品は、素早い画像取り込みとPatMax RedLineによる超高速パターンマッチテクノロジーを搭載し、あらゆる生産ラインに最適な解像度、スピード、そして性能を提供する。これにより、サイクルタイムの短縮、生産性の向上、そしてスループットを落とすことなく高解像度での検査が可能となる。
ヤマハ発動機(株)は、自動化生産ラインで、ワークの判別、認識などに使用される画像処理機能一体型のカメラ「YFAEYE」を発売した。「YFAEYE」は、撮像をはじめ、画像処理回路やCPU、ソフトウェアすべてを内蔵し、外部ボードが一切不要でPLCやロボットなどに直結可能な画像処理機能一体型のカメラである。撮像・画像処理・位置検出・文字/コード認識などに加え、同時に照明制御も可能としており、画像処理に関わる一連の作業を1台で実現。また統合制御型ロボットシステム「Advanced Robotics Automation Platform」に対応しているため、統合コントローラ「YHXシリーズ」とは、ケーブル1本で接続可能である。








No.04
InGaAs 短波長赤外ラインセンサカメラ
「ABL-005WIR」
株式会社アバールデータ
No.08
低価格・小型・VGA 解像度サーモグラフィ
「PI640 シリーズ」
株式会社アルゴ
(株)アバールデータは、950nmから2,550nmに感度をもつInGaAsラインセンサを使用した近赤外線カメラ「ABL-005WIR」を発売開始した。近赤外線は物質への吸収がきわめて小さいため、吸収された吸光度の変化によって成分を算出することができ、非破壊・非接触での測定や検査が可能。近赤外線自体、安全性も高いため、農産物や食品、医薬品はもちろん生体組織等の医療分野など近年様々な分野で活用が広がっている。本製品は、512画素、ピクセルサイズ25ミクロン、950nmから2,550nmに感度をもつInGaAsラインセンサを使用した近赤外線カメラで、長波長側の感度を向上させたことにより、従来製品よりも幅広い帯域をもつ製品となっている。また、カメラインタフェイスにはGigEを用意している。 Optris社は「VGA+低価格+小型」を実現した赤外線サーモグラフィである「PI640シリーズ」を発売。USBケーブル1本の簡単接続で−20℃〜900℃の温度分布を可視化できる。さらに日本語対応したビューアソフトが付属されており、録画やアラーム出力、温度の時間変化のグラフ化等が可能。また小型でIP67対応、SDKが付属しているため装置組み込みにも活用可能である。
No.23
ラインスキャンカメラ
「WA-1000D-CL」
株式会社ジェイエイアイコーポレーション
No.49
IoT 対応LED 照明コントローラ
「FASTUS OPPD-30E」
オプテックス・エフエー株式会社
(株)ジェイエイアイコーポレーションはデュアルInGaAsセンサ搭載のプリズム分光式ラインスキャンカメラ「WA-1000DCL」を発表。本製品はSWIR帯域において、プリズムを通して分光することで、2つのInGaAsセンサで2つの異なる波長の画像を同時に収集し、検査対象物の同じ箇所を正確に撮像する。食品産業での商品の選別や汚染検出、医薬品産業での品質検査、廃品分別などの領域において、マシンビジョンの様々な応用分野を新たに切り開く製品である。主な仕様は次のとおり。●画素サイズ:25.0μm×25.0μm ●レンズマウント:M52、カメラリンクインタフェイスを通じて2×8ビット、2×10ビット、2×12ビットのビデオ出力をサポート ●最大ラインレート:39kHz ●外形寸法:90mm×90mm×117mm、重量:910g オプテックス・エフエー(株)は、イーサネット対応LED照明コントローラ「FASTUS OPPD-30E」を発売。本製品は、イーサネット通信により画像処理用LED照明の調光・点灯の外部制御が可能なコントローラである。IPアドレスなど接続に必要な情報を自動取得できるDHCPに対応し、ケーブルで接続するだけで通信が開始できる。設定が簡単に行える専用PCソフトウェアも用意されており、業界初の機能として、調光値等の点灯設定パターンを最大4つまで設定でき、1〜4のパターンを点灯制御入力ごとに順番に切り替える「点灯制御シーケンス機能」を搭載している。従来PLCで複雑なラダーを組む必要があった制御をコントローラで簡単に実現できる。
No.100
インクジェット錠剤印刷装置
「TIE-9000P」
池上通信機株式会社
No.114
高速ライン型欠点検出装置
「型式:LS-70J」
竹中システム機器株式会社
池上通信機(株)は、固形製剤の素錠やOD錠(口腔内崩壊錠)などの医薬品錠剤に業界最速の処理能力50万錠/時と600dpiの高画質両面印刷が行える非接触型のインクジェット錠剤印刷装置「TIE-9000P」を新開発した。本製品は、大量供給と高い整列精度を誇る供給・整列部を採用。搬送部は、錠剤にやさしい安定搬送を可能にする新開発のベルト搬送機構により最大50万錠/時の高速処理を実現し、生産量を落とすことなく生産ラインへ導入が可能となっている。印刷は、非接触型のインクジェット印刷により、600dpiの高画質印刷が行え、高度なベルト搬送機構により両面印刷も可能。操作は、タッチパネル方式を採用し、高い操作性を誇る。 竹中システム機器(株)は、高速ライン型欠点検出装置「型式LS-70J」を発売。本装置は同社製のCameraLink出力ラインスキャンカメラに接続して製造工程中のフィルム、鋼鈑、紙など各種シート状物体のキズ・汚れ・異物・ピンホールなどを精度よく検出する。主な特長は次のとおり。@データレートは、従来機種の8倍、最大400MHzに対応 Aライン加算、3×3、7×7画像処理フィルタ搭載 B出力最大16分割、カラー液晶モニタ搭載 C地合変動および光量変化に対応 D欠点同時判定機能4回路を装備 E自動エッジ追従機能にてエッジ不感帯を自由に変更することが可能 F同社の8,192画素ラインスキャンカメラを接続した場合、従来2台を要したラインでも1台で対応可能




No.01
ブロードバンド赤外線カメラモジュール
株式会社アイ・アール・システム

本製品は、3〜4μmおよび8〜14μmに感度がある非冷却熱型赤外線検出器。ガラス窓を通してや炎越しに観測されたいアプリケーションに最適。画素数640×480、17μmピッチ。画像出力は8/14ビット・パラレル、Glueless VGA、AMOLED、B.T.656に対応。オプションでNTSC、CameraLinkにも対応可能。
No.13
ライトアングルコネクタ付きケーブル
沖電線株式会社

沖電線(株)は、画像検査装置などのマシンビジョンシステムで使われるUSB3 Visionケーブル・シリーズのラインナップに、カメラ接続部の省スペース化が可能な「ライトアングルコネクタ付きケーブル」を追加し販売を開始した。カメラへのケーブル接続は、カメラ背面部へストレートに接続する形が一般的であるが、ケーブルを任意の方向へ引き回すためには、ケーブルへダメージを与えないよう緩やかに曲げる必要があり、接続部の周辺には、十分なスペースを確保する必要があった。本製品では、「ライトアングルコネクタ付きケーブル」となっており、コネクタをL字に折り曲げた形状とすることで、端末部の低背化を図り実装時の省スペース化を実現している。
No.26
光ファイバ端面検査スコープ「FI-500 FiberInspector Micro」
株式会社TFF フルーク社

フルーク・ネットワークスは、業界初のフラッシュライト内蔵でオート・フォーカス機能を搭載したスリムな光ファイバ端面検査スコープ「FI-500 FiberInspector Micro」の提供を開始した。本製品はデータセンターや企業ネットワークの配線クローゼットの設置場所など、ケーブルが密集している現場においても、難なく迅速に作業を行えるように、手元のポートを明るく照らす内蔵フラッシュライトを搭載している。また狭い箇所でも使いやすいように、スリムでコンパクトなプローブを装備。さらに光ファイバ端面検査を約2秒で検査できるオート・フォーカス機能やバックライト付きの大型ディスプレイ(320×240)など光ファイバ配線の施工や測定の効率を大きくアップさせることが可能な製品である。
No.28
赤外線サーモグラフィカメラ「インフレック R500EXシリーズ」
日本アビオニクス株式会社

日本アビオニクス(株)は、クラス最高水準となる最大120万画素(1,280×960画素)で熱画像の記録が可能な赤外線サーモグラフィカメラ「インフレック R500EXシリーズ」を発売。本製品は、PCへ のリアルタイム転送速度を従来製品の2倍となる30Hzに向上させている。また、カメラ本体への外部トリガ信号入力により、PCソフトウェアが自動で動画記録を開始する「自動収録開始機能」を新たに搭載。これにより、試験装置や現場設備と連動した確実なデータ収録を手軽に行うことができる。さらに、熱電対では測定できない微小物の温度測定を実現する21μmおよび52μm近接拡大レンズや、120万画素の解像度を活かしながら水平93°の広角で測定できる3倍視野拡大レンズを新たにラインナップした。
No.34
ハイエンド高速度カメラ「FASTCAM SA-Z」
株式会社フォトロン

(株)フォトロンは、同社製ハイエンド高速度カメラ「FASTCAM SA-Z」において、データ転送速度を従来比で最大28倍にした「FAST Drive」に対応し、かつ感度性能を従来比2倍に引き上げた新モデルを発売。新型筺体に最大0.8GByte/secの超高速データ保存の「FAST Drive」を接続し、超高速データ保存に対応。従来のギガビットイーサでのデータ保存は、8GBのデータを保存するのに120〜280秒の時間が必要であったが、「FAST Drive」を使った新モデルでは、10〜15秒で保存することが可能である。また、感度性能の大幅な向上にも成功。従来比2倍となる、ISOモノクロ50,000/カラー20,000という超高感度性能を達成している。
No.53
画像処理検査用LED照明・電源「PFシリーズ」
シーシーエス株式会社

シーシーエス(株)の画像処理検査用パワーフラッシュLED照明・電源「PFシリーズ」は、従来品比較で約7倍の照度を達成。検査用LED照明では業界初となる明るさで製造ラインの高速化に貢献する。本製品は、ストロボ発光との比較では約7倍の照度となり、瞬間最大照度は700万ルクスを達成。発光時間は1〜100μsまで、0.1μs単位で991段階に設定可能。検査用LED照明では業界初となる明るさと、きめ細やかな制御機能により、従来製品に比べ10倍以上のラインスピードにも対応している。ラインナップはLED照明ならではの豊富さの全22機種。
No.90
テスト管理ソフトウェア「NI TestStand 2016」
日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

日本ナショナルインスツルメンツ(株)は、テスト管理ソフトウェアの最新版「NI TestStand 2016」を発表した。TestStandは、業界をリードするテスト管理ソフトウェアで、現在、世界中で1万名を超えるユーザに利用されている。本製品では、既存のユーザにも生産性のさらなる向上を実感できる機能を提供するともに、テスト開発に初めて取り組む技術者が確実に成功を収められるよう支援することに重きを置いている。主な機能は次のとおり。@Property Loaderを再設計したことで、テストシーケンスに含まれる変数、判定値、プロパティなどのインポート/エクスポートが可能に。ASequence Editorに、右クリックのオプションやネイティブな列挙型データタイプを追加し、テストシーケンスの開発/変更における生産性を向上。TestStand環境内で、独立した複数のアプリケーションの同時実行と開発を実現。
No.99
3次元計スマートセンサウェアラブル「Gocator2400シリーズ」
株式会社リンクス

(株)リンクスは、オールインワンの3次元スマートセンサ「Gocatorゴケイター」の製品ラインナップに、新たに「Gocator2400シリーズ」を追加し、販売を開始。Gocatorシリーズは高速に3次元形状を復元することができ、IP67規格(防水、防塵)対応の堅牢な筺体により製造工場の厳しい環境においても、容易に対象物を3次元計測することができる製品である。本製品にはコントローラが内蔵されておりケーブルもロボットケーブルを採用しているため、PLCやロボットコントローラに直接接続することが可能。また、2次元画像と3次元画像を同時に取得し、本体内蔵の実用的な計測ツールを使用することにより、スマートな検査システムを実現した。
No.101
画像処理検査装置「VTV-9000C」
ヴィスコ・テクノロジーズ株式会社

ヴィスコ・テクノロジーズ(株)は、画像処理検査装置「VTV-9000C」新型機を発売した。従来からのコンセプトとなっている堅牢性と小型化、上位機種と同等の機能・構成はそのままに、さらなる高速処理を追求し、従来機の1.5〜2倍の処理速度を実現。本製品のハードウェア仕様の詳細は次のとおり。@最大接続カメラ台数:4台(VT DigitalEカメラ*)Aメインメモリ:8GB Bストレージ:256GB(SSD) C外形寸法:230(W)×175(D)×70(H)mm D重量:2.3kg以下 E消費電力:220W以下 *VT DigitalEカメラは同社のオリジナルデジタルカメラ。
No.104
高速走査型分光放射計「SSR-1700」
ケイエルブイ株式会社

ケイエルブイ(株)は高速走査型分光放射計「SSR-1700」を販売開始した。本製品の主な特長は次のとおり。●動作機構部品を減らしたダイレクトドライブ方式を採用することで、測定時間を短縮 ●低迷光、波長純度に優れた測定が可能:絶対値の測定が可能。紫外線から近赤外線領域の幅広い波長領域の測定を1台でカバーすることができる ●コンパクト設計で持ち運びに便利:室内に限らず屋外でも容易に測定をすることができる ●利用シーン、測定利用業種:ソーラーシミュレーターや人工光源の性能評価、品質管理/材料や製品の波長ごとの劣化・変化を測定したいとき/LED、LCDなどの表示器の分光測定/化粧品、農作物、鉱物資源等の分析、評価
No.110
FC-3Dモニタ「FC-3Dモニタ FCM-3D-Oxy」
株式会社島津製作所

(株)島津製作所は、「FC-3Dモニタ FCM-3D-Oxy」を発売。本製品は、燃料電池自動車をはじめとする自動車分野などへの応用や家庭用燃料電池「エネファーム」として普及が期待される固体高分子形燃料電池(PEFC)内の酸素濃度を、リアルタイムで測定ができる。GDL内部の酸素濃度を測定することで、発電効率を高める部材の設計および選定や気体流路の最適化への寄与が期待できる。主な特長は次のとおり。@ガス拡散層内部5箇所の酸素濃度をモニタ可能 A高速なデータ処理による酸素濃度のリアルタイム把握 B設置面積1m×1mで導入しやすい一体型ユニット
No.112
枚数カウンタ「Easy Numbers」
株式会社スカイロジック

(株)スカイロジックは超コンパクトで簡単操作の枚数カウンタ「Easy Numbers」を発売した。本製品の主な特長は次のとおり。●エリアカメラを採用。「線」ではなく「面」でカウント ●横方向2,500ピクセルの高画素カメラ+高解像度レンズにより従来よりも薄い対象も計数可能 ●エリア平均化機能により紙の状態に左右されにくい安定した計数を実現 ●3箇所でカウントして数の一致を確認 ●計数感度の設定を品種ごとに行える ●リアルタイム計数により、スタートボタンを押すことなく置いた瞬間に枚数がわかる ●紙を置いて取り除いたときに自動的に履歴に保存する「自動履歴モード」を搭載 ●検査履歴を自動保存